Japan

Zurück zu East Asia Lokale Informationen verfügbar

よくあるご質問 日本

ケース番号 (メールでのお問い合わせ) に関するご質問

 

ケース番号 は  [email protected] 宛に頂いたお問い合わせに対し付与される識別番号となります。

 

  • ケース番号 は、自動返信のメールにてご案内申し上げます。
  • 同番号の書かれたメールがお手元に届いた時点で、弊社にて貴社お問い合わせメールを受信したことを示します。
  • お問い合わせの際に必要となりますので、お客様にてご管理頂きますようお願い申し上げます。

 

* 出来る限り早くご回答差し上げるよう努めておりますが、確認、調整事項等ございます場合、返答まで時間を要する場合がございます。何卒ご理解賜りたく存じます。

 

ご返答を差し上げるまでの間に弊社へのご連絡事項がございます場合は、次項の  'ケース番号入手後、追加のご連絡、お問い合わせ事項がある場合'  をご参照の上、ご連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

 

ケース番号をご入手された後、追加でのご連絡事項、お問い合わせ事項等がございます場合は、ケース番号をご案内差し上げましたメールにございますオレンジ色のリンク 'Click to Reply' よりご連絡を頂きますようお願い申し上げます。

 

* 異なる方法にてご連絡頂いた場合、追加のケース番号が発番されてしまい、照合作業に時間を要する場合がございます。速やかにご返答差し上げるため、お手数ではございますが、何卒ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。

 

Hapag Lloyd Navigator・Web Service についてのご質問

 

弊社ウェブサービス のご利用をご検討頂き有難うございます。

ご利用には USER 登録のお手続きが必要となります。

 

誠に恐れ入りますが、下記ご参照の上、ご登録のお手続きを頂きますようお願い申し上げます。

 

ご登録頂いた ID (email address) / Password は 弊社 Online business 各機能

及び Hapag-Lloyd Navigator / BL Draft Approval 共通となります。 

 

USER 登録の流れ

 

1.   弊社ウェブサービス Log-in ページへアクセスし ’Not yet registered ?’ を選択

https://www.hapag-lloyd.com/en/login.html

 2.   必要情報のご入力 (社名・ご住所は正確にご入力願います)

 3.   Verification code の取得・入力

 4.   Hapag-Lloyd へのデータ送信 (この段階では仮登録となります)

 5.   登録完了メールの受信 ( 1-2 営業日程度頂戴する場合がございます)

 

5. のメールがお手元に届いた時点でお手続きは完了となります。

仮登録の段階ではブッキング手続きを完了することができません。

何卒ご理解賜りたく存じます。

 

各項目の詳細につきましては、下記にございますご案内をご参照頂きますようお願い申し上げます。

  

 

弊社ウェブページ Hapag Lloyd Navigator にて以下のサービスをご利用頂けます。

 

船積みの内容をご確認頂けます。(リスト内のブッキング番号をクリック願います) 

船積みの最新の輸送状況をご確認頂けます (リスト内のブッキング番号をクリック願います) 

 

Invoice / SWB / Booking Confiramtion 等各種書類のダウンロードが可能です 

(リスト内のブッキング番号をクリックし、次画面で Document タブを選択願います) 

 

Additional Digital Products のご購入が可能です

Shipping Guarantee, Additional Freetime 等ご購入頂けます

 

 

Hapag Lloyd Navigator にてお客様の船積みをサポートする機能をご用意しております。

ご利用のご検討をお願い申し上げます。

 

*ご利用には弊社ウェブサービスへのご登録が必要となります。

 

 

弊社 web page 上部メニュー にて 'Home' または 'Online Business Suite' をお選びください。

左側メニューにございます 'Documentation' 内の 'BL Draft Approval へログイン願います。

 

操作方法につきましては当項目の最下部にございますマニュアル 'B/L Draft Approval ご利用方法' を

ご参照頂きますようお願い申し上げます。

 

また、以下のページにございます動画も合わせてご視聴頂ければ幸いです (ログイン不要) 。

(英語でのご説明となりますが、実際の作動状況をご覧頂けます) 

 

https://www.hapag-lloyd.com/en/landingpage/bl-draft-approval.html

Draft List について (0:40 -)

訂正のご入力方法について (1:34 -)

Draft の承認方法について (3:52 -) 

 

* Hapag Lloyd BL Draft Approval のご利用には弊社ウェブサービスへのご登録が必要となります。 

 

以下の場合は別途 Manifest Correction Letter をご提出頂く必要がございます。

 

24 時間ルール (出港前船積み情報登録制度) 適用対象の船積みにおいて

既にマニフェストデータを送信済みの場合 (Doc Cut 後の訂正) 

 

恐れ入りますが、本項目下部にございます Manifest Correction Letter に必要事項をご記入の上

以下の 宛先・件名 にてご送付頂きますようお願い申し上げます。


宛先 :  [email protected]

件名 : Manifest Correction + B/L Number 

 

<対象国・地域>

米国・カナダ・欧州・メキシコ : Manifest Correction Letter へご記入願います。

中国 : Manifest Correction Letter (Only for China) へご記入願います。

 

弊社ウェブページ Hapag Lloyd Navigator にへログイン願います。

 

船積み一覧が表示されますので該当の船積みをご選択願います。

次画面にて Document タブをお選びください。

ページ右側のボタンよりダウンロード可能でございます。

 

 

Hapag Lloyd ではお客様へより良いサービスを提供するため Quality Promises を掲げサービス改善に努めております。

弊社 web page 内の Quality Promises にて 数値目標及び進捗状況をご覧頂くことが可能となっております。

 

Hapag Lloyd Quality Promises

  • Fast Booking Response 
  • Timely and correct Bill of Lading
  • Accurate invoicing
  • Loaded as booked
  • Volume agreements honored
  • Schedule reliability
  • Efficient cargo claims handling
  • Fast case resolution
  • Always accessible

 

Global Performance 及び お客様の船積みにおける進捗状況がご覧頂けます。

引き続きサービス改善に努めて参ります。何卒よろしくお願い申し上げます。

 

* Quality Promises のページをご覧頂くには弊社ウェブサービスへのご登録が必要となります。 

 

Booking 手続き (Web booking) に関するご質問

以下の項目は入力必須となります。

  • アスタリスク ( *印 ) のついた項目
  • Routing Party Code (入力欄が表示されている場合)  

Routing Party Code はご契約時にご契約地にてお渡ししております。ご不明な場合、誠に恐れ入りますが、ご契約地にてご確認頂きますようお願い申し上げます。

 

その他の項目は空欄のままでも進むことができます。

 

恐れ入りますが、以下の点につきましてもご留意願います。

 

  • コンテナピックアップ日はおわかりになる範囲での予定日をご入力願います。
  • 40'HC Dry は 45GP をお選びください (L5GP は使用できません) 
  • 自由記入欄に全角文字 (全角スペース) は使用できません

 

  • 同一のコンテナタイプ・貨物での船積みの場合は最大 250 本まで入力可能です。
  • 複数のコンテナタイプ・貨物の組み合わせの場合、最大ブッキング本数は10本となります。

 

* 上限を超えたご手配が必要な場合、誠に恐れ入りますが 一旦 入力可能な本数で番号を取得頂き

 Booking Amendment 機能 にて本数追加のお手続きをお願い致します。

 

下記ガイダンスも合わせてご参照頂きますようお願い申し上げます。

 

まずはご確認ください

ご確認頂いた期間と運航期間が合致していない可能性がございます。

'Start location' 右隣の日付設定欄を今一度ご確認頂きますようお願い申し上げます。

 

経由地表示について

'Start Location'  及び 'End Location' をご入力頂くと、ご契約内容に基づくルートにてスケジュールが生成されます。以前ございました 'via (経由地) ' の入力欄はございません。

 

ご契約に経由地の指定がある場合

ご契約条件に基づく経由地でのスケジュールが表示されます

ご契約に経由地の指定がない場合

弊社システムにより生成されたスケジュールが表示されます

 

ご契約上の経由地条件に付きましてはご契約地にてご確認頂きますようお願い申し上げます。

 

ご希望の本船・ルートが表示されない場合

改善に努めておりますが、本船の運休、大幅な遅延等が生じている場合、一部本船が表示されない事象が確認されております。誠に恐れ入りますが、表示されております運航日の近い本船にて一旦 8桁の仮ブッキング番号をご取得頂き、以下の点について   [email protected] までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

8桁の番号 / 本船表示がなされなかった点 / ご希望の本船名・スケジュール ・ルート

 

メールを確認次第、当方にてデータを修正しご希望の本船にて再度手続きを進めてまいります。

 

船積みの手配が完了した場合

PDF 形式の Booking confirmation がお手元に届きます。

残念ながら、手配できなかった場合

PDF 形式の Cancel confirmation がお手元に届きます

 

お手数をおかけしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

入力漏れ、エラー等が生じている可能性がございます。

恐れ入りますが、以下の点についてご確認頂きますようお願い申し上げます。

 

  • *のついた項目がすべて入力されているかどうか
  • Routing Party code が入力されているかどうか (入力欄表示のある場合 #1) 
  • Remark 欄に全角文字 (スペース) が使用されていないかどうか 
  • Web service の利用開始手続きが完了しているかどうか (#2)

 

#1 Routing Party Code はご契約時にご契約地にてお渡ししております。ご不明な場合、誠に恐れ入りますが、ご契約地にてご確認頂きますようお願い申し上げます。

 

#2  承認手続きが完了していない段階でデータを作成された場合、Submit ボタンを使用頂くことができません。弊社から web service 機能が利用可能となった旨、記されたメールを受信してからデータ作成を頂きますようお願い致します。

 

上記をご確認頂いても手配を進めることができない場合、誠に恐れ入りますが、スクリーンショット画像等と合わせて  [email protected] までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

仮のブッキング番号となります。

番号が表示された時点ではブッキングは確定しておりません。

こちらの番号をもとにスペース、コンテナの調整を進めて参ります。

 

船積みの手配が完了した場合

PDF 形式の Booking confirmation がお手元に届きます。

残念ながら、手配できなかった場合

PDF 形式の Cancel もしくは Rejection の confirmation がお手元に届きます

 

出来る限り早くご案内を差し上げるよう努めておりますが、スペース、コンテナ在庫の状況により時間を要する場合がございます。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りたく存じます。

出来る限り早くご案内を差し上げるよう努めておりますが、スペース、コンテナ在庫の状況により確認、調整等の作業に時間を要する場合がございます。ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解賜りたく存じます。

 

船積みの手配が完了した場合

PDF 形式の Booking confirmation がお手元に届きます。

残念ながら、手配できなかった場合

PDF 形式の Cancel confirmation がお手元に届きます

 

誠に恐れ入りますが、上記書類がお手元に届くまでの間に船積みがキャンセルとなりました場合は  [email protected] までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

弊社では、少しでも多くのお荷物をお引き受けすることができるよう、頂いたオーダーにつきましては、スペース管理部門により一件一件、最新の状況を見ながらお引き受けの可否を判断させて頂いております。

実際のオーダーに基づき、都度判断を行っているため、残念ながら、以下のお問い合わせにつきましてはご案内を差し上げることができません。 

 

  • スペースの事前のご案内 (ブッキング可能な本船についてのご案内) 
  • 代替船についてのご案内 (*どの船なら空いているかについてのご案内)  

*他の本船でのスペース確認をご希望の場合、誠に恐れ入りますが、ご希望される本船にてもう一度ブッキングのご依頼を頂きますようお願い申し上げます。

 

何卒ご理解賜りたく存じます。

残念ながら、船積み手配を差し上げることができなかった場合、Cancel confirmation がお手元に届きます。Cancel のご案内となりました理由につきましては、Cancel confirmation の最後の部分にございます Remark 欄に記載がございます。ご確認頂きますようお願い申し上げます。

また、キャンセル理由について 何卒ご理解賜りたく存じます。

以下のいずれかの条件に該当する場合、ブッキングをお引き受けすることができません。

お手元に Rejection と書かれたコンファメーションが届きます。

 

ブッキングのお引き受け可能期間外の船積みの場合

コンテナのご用意ができない場合

Max Payload を超える重量の場合

Reefer container の設定温度が確認できない場合 (Non Operation Reefer を除く) 

運賃の有効性 (*) について確認が取れない場合 

 

Rejection のご案内に至りました理由につきましてはコンファメーションの Ramark 欄に記載がございます。

何卒ご理解賜りたく存じます。

 

 *運賃の有効性について     

以下の条件に該当する場合、Reject のご案内がお手元に届きます。 

誠に恐れ入りますが、必要なお手続きをお取り頂きますようお願い申し上げます。

 

  • 見積もりの有効期限切れ

見積もりに記載のございます 'Offer Expired at' の日付を過ぎている場合、Valid from / to の範囲内であっても運賃を適用差し上げることができません。恐れ入りますが、再度見積もりを取得頂きますようお願い申し上げます。 

 

  • Quick Quote を使用した米国向け船積み (FMC へ運賃届け出未完了の場合) 

米国向け船積みにおきましては、FMC (米国連邦海事委員会) への運賃の届け出が必須となります。

恐れ入りますが、運賃取得地にて弊営業部へご連絡の上、FMC への運賃登録のお手続きをお取り頂きますようお願い申し上げます。FMC への運賃登録完了後、再度ブッキングのご手配を頂きますようお願い申し上げます。

 

  • 北米向け出港日が有効期限外となる場合

北米向け船積みにつきましては貨物の最終搬入日が運賃適用基準日となります。

有効期限内に搬入頂ければ、運賃適用可能となりますが、現時点でシステムが対応しておらずお選び頂いた本船の出港予定日が有効期限外の場合、Reject のご案内がお手元に届いてしまう形となります。

ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございませんが上記に該当する場合は Reject となった 8 桁の番号を貨物搬入のご予定日とあわせて  [email protected] までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

  • ご契約外のルートをお選び頂いた場合

サービス改善に努めておりますが、一部ご契約外のルートが表示されてしまう事象が確認されております。

ご契約外のルートをお選び頂いた場合、適用運賃をシステムが判別できないため、Rejection のご案内がお手元に届くこととなります。ご迷惑をお掛けし、大変申し訳ございませんが、ご契約頂いておりますルートにて再度ブッキング手配を頂きますようお願い申し上げます。

 

* ご契約頂いておりますルートが表示されない場合、誠に恐れ入りますが、Reject となった 8桁の番号をご希望のルート・本船情報と合わせて   [email protected] までご連絡頂きますようお願い申し上げます。

** ご契約ルートにつきましてはご契約地にてご確認頂きますようお願い申し上げます。 

 

ブッキングのご変更・キャンセルにつきましては 弊社ウェブページにございます Booking Amendment ページにて

必要事項をご入力の上、お手続きをお取り頂きますようお願い申し上げます。

 

https://solutions.hapag-lloyd.com/booking-amendment/

 

 

操作方法につきましては  Booking_Amendment_操作方法について をご参照頂きますようお願い申し上げます。

  

弊社では環境にやさしい Steel Floor コンテナの導入を進めております。

(Dry container 及び Open Top container) 

 

ご利用のご検討をお願い申し上げます。

 

** Open Top コンテナにつきましては導入が進んでおります。

 

   同コンテナの需給はひっ迫しており、在庫状況次第ではございますが、Steel Floor のコンテナにて船積み頂ける場合

   コンテナをご用意できる確率を高めることが可能となります。

 

   ブッキングの際にリマーク欄へ 'Steel Floor Acceptable'  とご記入願います。

輸出船積みに関するご質問

弊社ウェブページ ローカルスケジュール日本  ページ内の 輸出 CY Open / Cut 一覧 をご参照願います。

CY CUT 情報は 弊社のBooking Confirmationの “Cut-off” 欄も合わせてご参照願います。

弊社 ローカルスケジュール日本  ページ内の 輸出 搬入先 / ピックアップオーダー連絡先 一覧  をご参照願います。

 

各ブッキングの搬入先は Booking confirmation 上に記載がございます。

ご確認頂きますようお願い申し上げます。

 

キャンセルフィーの対象とならない条件

  • BookingConfirmation がお手元に届いていない場合

 

キャンセルフィーの対象となる可能性がある条件

  • Bookingconfirmation 発送後のキャンセル

 

下記にございます条件によりキャンセルフィーが発生致します。何卒ご理解賜りたく存じます。

 

1)  SGF (Shipping Guarantee Fee) をご購入頂いた船積みをキャンセルされる場合

SGF の 100 % のキャンセル費用が生じます (非課税)。その他項目との重複はございません。

 

2) 特殊コンテナ (Flat Rack, Open Top, Hard Top) の船積みをキャンセルされる場合

USD 450 / 600 per 20'/40' のキャンセル費用が生じます。

本船出港予定 の 7日前以降のキャンセルの場合は JPY5,000 per container のキャンセルフィーを合わせて申し受けます。 

*特殊コンテナの船積みにつきましてはスケジュールのご変更の際も費用 (Postohinement Fee) が必要となります。詳しくはページ下部にございますカスタマーレターをご参照頂きますようお願い申し上げます。

 

3) 上記に該当しない、Quick Quote service をご利用頂いた船積みをキャンセルされる場合 

 

通常の Quick Quote Service でのブッキング

USD 40 per container のキャンセル費用が生じます。その他項目との重複はございません。

 

Quick Quote Spot でのブッキング 


本船出港予定の 11 日前まで

以下のキャンセル費用が生じます。その他項目との重複はございません。

 

2022/11/23 までに頂戴したブッキング

  Sea Freight + Marine Fuel Recovery の 5 %, per container

* 最小課徴金額 USD 200, 最大課徴金額 USD 1200 の範囲内となります。

 USD 200 に満たない場合、USD 200 が適用されます。

 USD 1200 を超える場合、USD 1200 が適用されます。 

 

2022/11/24 以降に頂戴したブッキング 

 Sea Freight + Marine Fuel Recovery の 5 %, per container

* 最小課徴金額 USD 100, 最大課徴金額 USD 1200 の範囲内となります。 

USD 100 に満たない場合、USD 100 が適用されます。 

USD 1200 を超える場合、USD 1200 が適用されます。 

 

本船出港予定の10日前以降のキャンセル

以下のキャンセル費用が生じます。その他項目との重複はございません。

 

2022/11/23 までに頂戴したブッキング

  Sea Freight + Marine Fuel Recovery の 10 %, per container 

 

* 最小課徴金額 USD 200, 最大課徴金額 USD 1200 の範囲内となります。 

 USD 200 に満たない場合、USD 200 が適用されます。 

 USD 1200 を超える場合、USD 1200 が適用されます。 

 

2022/11/24 以降に頂戴したブッキング 

  Sea Freight + Marine Fuel Recovery の 10 %, per container 


* 最小課徴金額 USD 100, 最大課徴金額 USD 1200 の範囲内となります。  

USD 100 に満たない場合、USD 100 が適用されます。  

USD 1200 を超える場合、USD 1200 が適用されます。 

 

 

4) 上記のいずれにも該当しない船積みを 本船出港予定 の 7日前以降にキャンセルされた場合

JPY 5,000 per container のキャンセル費用が生じます。

 

* 2) 3) 4) のキャンセルフィーは消費税の課税対象となります (上記費用は税別となります)。

 2) 3) 4) の 本船出港予定日 = キャンセル手続きをお取りした時点での出港予定日 となります。

   コンテナをピックアップ済みの場合等、状況により別途費用が生じる場合がございます。

 

 

下記にございます条件により、ご変更に対して費用が発生致します。

何卒ご理解賜りたく存じます。

 

()内は請求書上に記載される際の費用項目のコードとなります。

 各項目の名称につきましては (#1) をご参照頂きますようお願い致します。

 

本数減の場合の費用は、船積みされるコンテナ の費用の一部として請求差し上げる形となります。

 

例) 20' x 1,  40' x 1 から 20' x 1 への変更の場合、40' のキャンセル費用は

  20' コンテナの費用の一部として請求となります。

 

1) Quick Quote spot service をご利用頂いた船積み

 

本数減  (本船出港予定の 11 日前まで) 

Cancellation Fee (BCF) が発生致します

 

2022/11/23 までに頂戴したブッキング

Sea Freight + Marine Fuel Recovery の 5 %, per container


* 最小課徴金額 USD 200, 最大課徴金額 USD 1200 の範囲内となります。

   USD 200 に満たない場合、USD 200 が適用されます。 

   USD 1200 を超える場合、USD 1200 が適用されます。 

 

2022/11/24 以降に頂戴したブッキング  

Sea Freight + Marine Fuel Recovery の 5 %, per container 


* 最小課徴金額 USD 100, 最大課徴金額 USD 1200 の範囲内となります。  

USD 100 に満たない場合、USD 100 が適用されます。  

USD 1200 を超える場合、USD 1200 が適用されます。 

 

 

本数減 (本船出港予定日から10日以内)

Cancellation Fee (BCF) が発生致します

 

2022/11/23 までに頂戴したブッキング

Sea Freight + Marine Fuel Recovery の 10 %, per container


* 最小課徴金額 USD 200, 最大課徴金額 USD 1200 の範囲内となります。 

  USD 200 に満たない場合、USD 200 が適用されます。 

  USD 1200 を超える場合、USD 1200 が適用されます。 

 

2022/11/24 以降に頂戴したブッキング  

Sea Freight + Marine Fuel Recovery の 10 %, per container 


* 最小課徴金額 USD 100, 最大課徴金額 USD 1200 の範囲内となります。  

USD 100 に満たない場合、USD 100 が適用されます。  

USD 1200 を超える場合、USD 1200 が適用されます。 

 

重量変更 (Booking 時より 3 ton 以上の増加)

USD 200 per container の Mis-declaration of weight (VWD) が発生致します

 

 2) Quick Quotes service をご利用頂いた船積み

 

コンテナ本数・タイプのご変更 / スケジュール変更

USD 40 per container の変更料 (BCF) が発生致します

 


3) その他ご契約をご利用頂いた船積み

 

コンテナ本数・タイプのご変更 / スケジュール変更 (本船出港予定日から7日以内)

JPY 5,000 per container の 変更料 (BCF) が発生致します

 


4) 特殊コンテナ (Flat Rack, Open Top, Hard Top) の船積み


本数減

USD 450 / 600 per 20'/40' の Special Container Cancellation Fee (BCF) が発生致します

 

スケジュール変更

ご変更される週数に応じてSpecial Container Postponement Fee (CRO) が発生致します

 USD 150/20’ USD 200/40’ per postponement by 1 week

USD 300/20’ USD 400/40’ per postponement by 2 weeks

USD 450/20’ USD 600/40’ per postponement by 3 weeks

 

5) SGF をご購入頂いた船積み 

 

下記内容のご変更の場合SGF の 50 % のAmendment Fee  (SCF) が生じます。

なお、SGF の効力は失効致します。

 

本船変更・コンテナタイプの変更

スケジュール変更

積み地・揚げ地の変更

危険品へのご変更

ご契約番号の変更

 

(#1)  請求書上に記載される費用項目

 

BCF  : BOOKING CANCELLATION FEE

VWD : VGM WRONG DECLARATION FEE

CRO : CUSTOMER ROLL OVER FEE

SCF : SHIPPING GUARANTEE COLL. FEE

 

 

 

 

 

 

弊社輸出船積みにおきましては CY Open 日より 各ターミナルでの貨物の引き受けを開始致しますが  

Free Time 日数を超える蔵置が必要となる場合は Demurrage の課徴対象となります。

 

詳しくは当項目下部にございます各 PDF ファイルをご参照頂きますようお願い申し上げます。

 

どのような場合に Demurrage 適用となるのか

>> 輸出 Demurrage 適用条件について

 

Demurrage Free Time 日数 / Demurrage 金額について

>> Detention、Demurrageのフリータイム変更のお知らせ(2021年12月1日発効) 

 

以下のページにてトレースが可能です。 

 

      Marine Fuel Recovery Surcharge (MFR)

* リンク先ページにございます pdf ファイルをご参照ください      

  (Home > 左側メニュー Quote > Tariffs > ページ内タブ左から2番目 Trade Surcharges )

 

 日本語のご案内は下記リンク中の 'MFR (Marine Fuel Recovery) 料率変更のお知らせ' を ご参照ください

   (ローカルニュース日本  > 輸出・全航路共通のお知らせ / Export for All Trade)

 

   海上運賃に付随するサーチャージ・揚げ地側サーチャージ

        最新のサーチャージ料率につきましては Quick Quote サービスにてご確認頂くことが可能です。   

          各種サーチャージの適用条件につきましては、ブッキング時に使用された Quotation をご参照願います。

          お手元にない場合は、見積もりを取得されたご契約者様とご確認願います。

 

 

      Japan ローカルチャージ  / サービスフィー  

* リンク先ページの Japan の項目をご参照ください        

   (Home > 左側メニュー Quote > Tariffs > ページ内タブ右側 Local Charges / Service Fees)

 

      輸出デマレージ・ディテンション

* リンク先ページの Japan Export Detention / Japan Export Demurrage の項目をご参照ください      

   (Home > 左側メニュー Quote > Detention & Demurrage > Asia)

 

弊社ウェブページ内にございます Fleet  をご参照ください。

弊社運航本船及びチャーター船に関する情報がご覧いただけます。

弊社ウェブページ内にございます Our containers  をご参照ください。

弊社コンテナに関する情報がご覧いただけます。

弊社ウェブページ内にございます Online Business / Tariff / Detention and Demurrage をご参照ください。

ACL 送信 / 書類作成に関するご質問

 

お客様より送信頂いた S/I データの受信後、書類作成作業を開始致します。

その際、弊社 Document Center よりB/L 作成に必要な情報のご提供をお願いする場合がございます。

 

以下のアドレスからのメールにつきましては、弊社書類作成担当からのメールとなります。

受信された場合、メール内に指定がございます返信先へご回答頂きますようお願い致します。

 

[email protected]

[email protected]

担当作業員名@hlag.com On Behalf Of rasdocqry

 

* 書類作成作業をインドにて行っております。 恐れ入りますが、英語でのご回答をお願い致します。

  ご回答がない場合、書類作成作業を完了することができません。 早めにご回答を頂ければ幸いです。

 

 

BLの作成の際に、新規の Shipper様 Consignee様 Notify様 の場合、弊社システムへの登録が必要となります。

 

ご提出頂いた S/I 情報にもとづき、当方にて登録作業を進めて参りますが、必要な情報が不足している場合

弊社 Document Center (rasdocqry / AJPDOCQRY) よりお問い合わせのメールを差し上げることがございます。

 

未登録の状態では 書類作成作業を進めることができないため、誠に恐れ入りますが、以下の項目についての

問い合わせのメールを受け取られた場合、早めにご回答頂きますようお願い致します。

 

<ご登録時の必要事項>

会社名

住所(Postal Codeも含めて) 

電話番号

FAX番号(お持ちの場合) 

EMAIL address 

TAXID ( VAT/ CNPJ/ CPF/ RUT / NIT : 必要な向け地のみ)

 

 

* 上記内容のお問い合わせに対しご回答頂いた内容は、弊社システムへのお客様情報登録のために使用致します。   

  BL面上へ記載されるということではございません。(BL面上へ記載必須の向け地を除く)

 

*「弊社 Document Center (rasdocqry / AJPDOCQRY) からのメールについて」も合わせてご参照ください 

 

 

NACCS 掲示板にございます資料 (ACL 手順書) をご参照ください。

船積確認事項登録(ACL)業務に関する手順書に基本的な入力要領(各業務入力項目一覧等)が記載されております。

https://bbs.naccscenter.com/naccs/dfw/web/acl/

 

 

アタッチシートは下記宛先へ送信願います。

 

[email protected]

[email protected]

 

誠に恐れ入りますが、以下の点にご留意願います。

 

  • ブッキングNO. を必ずご記載願います。
  • Copy & Paste 可能な書式 にて送信願います (#1)   
  • ACL 送信と同時にご提供をお願い致します (#2) 
  • 当項目最下部にございます Attach Sheet Format のご利用を推奨しております (#3)

 

#1  Attach sheet 上の情報を弊社内システムに取り込む必要がございます。

      Excel, Word 等を使用される場合は、テキストをコピーできる形式にて送信をお願い致します。

   独自のPDF を使用される場合は打ち出した書類をスキャンしたものではなく、

   ファイル内からテキストをコピーできる形式にて送信をお願い致します。

 

#2  ACL 情報を受信し次第 Draft 作成作業を開始致します。

   作業開始時に Attach sheet がない場合、B/L 作成作業に遅延が生じる場合がございます。

   ACL 送信後、速やかに (可能な限り同じタイミングにて) ご提供頂きますようお願い致します。

 

#3  必要な箇所のみご入力をお願い致します。また、文字数制限がございますのでご注意ください。

  (MARKS & NUMBERS 16文字以内 / DESCRIPTION : 35 文字以内) 

 

 

危険品の船積みにて ACL 情報を送信される場合、以下のアドレスへ危険物明細書 (赤紙) を

お送り頂きますようお願い致します。

 

[email protected]

[email protected]

 

** 弊社では、危険品船積みの B/L 作成作業を進めるにあたり、ACL にて送信頂く荷姿、個数情報と

    事前に頂いていた危険品の数量情報の照合作業を行っております。

 

    ACL にてお送り頂く情報ではすべての危険品数量情報 の照合を行うことができないため

    危険物明細書 (赤紙) のご提供をお願いしております。

   

  弊社内システムの仕様上、照合作業が完了するまで B/L Draft のご案内を差し上げることができません。

  恐れ入りますが、ACL 送信と合わせて 危険物明細書 (赤紙) をご提供頂きますようお願い致します。

    

    危険物明細書と ACL 上の数量情報に相違が無いようご注意願います。

  (特に非危険品と同梱される場合はご注意願います)  

 

”HLCU” を船会社コードに入力し、送信してください。

アンダーバーは ACL でご使用頂けない特殊記号となっております。

 

Mark, Goods description, Emailアドレス 等に使用される場合、使用箇所に (UNDERSCORE)と

ご記載頂きますようお願い致します。

 

例) [email protected] ⇒ XXXX(UNDERSCORE)[email protected]

 

北米向け24時間ルール(AMS)上では、PALLETは認められておらず、内蔵個数を明確にする必要のある荷姿があります。

内個数でのマニフェスト登録が必要な場合は、total 個数/荷姿を記事欄に明記してください。

また複数コンテナの場合はコンテナ毎の内個数を記事欄に記載してください。

 

**北米向け24時間ルール(AMS)上でSKID/BUNDLEは規制がございませんので外装の荷姿での個数登録となります。

      内個数でのマニフェスト登録が必要な場合は、コンテナ毎の内個数及びTotal 個数/荷姿を記事欄に明記してください。

 

**北米向け以外の航路でB/L面上への内個数表記が必要な場合は、『品名欄』 (Description欄)に直接ご入力ください。

 

 

残念ながら、ACL 上の AGENT印希望欄 の情報は弊社システムと連動しておりません。

 

大変お手数ではございますが、AGENT 印 の記載が必要な場合は 記事欄に   

'Destination Agent Stamp Required'  と ご記載願います。 

 

BL件数分異なる枝番(01, 02等)を付けて送信してください。  

B/L Instruction (ACL) を代表のBKG番号に纏めて送信してください。

記事欄に、代表番号以外のブッキング番号を「Combined with xxx (ブッキング番号)」とご記入ください。

各書類カット日当日16:30までは、ACL11業務の処理区分「5:訂正」登録により変更可能です。

 

書類カット日 当日16:30以降の訂正に関しては、'BL Draft Approval' よりお手続きをお取り願います。

詳しくは '書類発行に関するご質問' 内 の “B/L Draft の内容を確認・修正したい”をご参照ください。

 

**BKG番号に枝番を付け、新規でACL送信を頂きました場合には、BL件数が自動的に増えます

       (訂正の際には使用しないで下さい)

 

**処理区分「5:訂正」での対応が不可な変更(ex 積出港・積載予定船舶・航海番号等の変更)に関しましては

      [email protected] 迄ご連絡を頂けますようお願い申し上げます。

 

お客様への請求書を正確かつ迅速に作成させて頂きます為、Hapag-Lloyd Japanの標準的な「freight prepaid」および「freight collect」の定義を以下に説明いたします。
これらの定義に基づき、料金はPrepaid払いまたはCollect払いでご請求させていただきます。
この定義から外れる場合は、Shipping Instruction(ACL情報等)に明記していただく必要がございますので予めご了承ください。

(1)北米向け
Freight Prepaid
=CY-CY 及び DOOR=
Port Charge Origin         => Prepaid 払い
Sea Freight + Additionals  = > Prepaid 払い
Port Charge Destination    = > Prepaid 払い

Freight Collect
Port Charge Origin        => Prepaid 払い
Sea Freight + Additionals = > Collect 払い
Port Charge Destination   = > Collect 払い

(2)北米向け以外

Freight Prepaid
=CY-CY の場合 =
Port Charge Origin       = > Prepaid 払い
Sea Freight + Additionals = > Prepaid 払い
Port Charge Destination   = > Collect 払い

=CY–DOOR の場合=
Port Charge Origin       = > Prepaid 払い
Sea Freight + Additionals = > Prepaid 払い
Port Charge Destination   = > Prepaid 払い

Freight Collect
Port Charge Origin       => Prepaid 払い
Sea Freight + Additionals => Collect 払い
Port Charge Destination   => Collect 払い

**Freight All Prepaid 、Freight All
Collect及び各種費用 にて別途お支払い条件設定をご希望の場合にはShipping
Instruction(ACL情報の記事欄等)に明記をお願いします。

** 北米以外の場合、各国の規定に従う場合がございます(例:Freight Collect不可,特定の揚げ地費用等)

** S/I上に事前指定が無い場合の変更に関しましては、請求書訂正費用が別途発生致します。

上記についてご不明な点がございましたら、ハパックロイドジャパン・カスタマーサービスまでお問い合わせください。


書類発行に関するご質問

弊社からの請求書の内容についてご確認が必要な場合、誠に恐れ入りますが、 Hapag Lloyd Dispute Template へ 必要事項をご記入の上、  [email protected]  までお送り頂きますようお願い申し上げます。

下記にございます案内文も合わせてご参照頂きますようお願い申し上げます。

 

 

弊社 web service  B/L Draft Approval 機能をご利用いただけます。

 

操作方法につきましては下記マニュアル 'B/L Draft Approval ご利用方法' を

ご参照頂きますようお願い申し上げます。

 

* ご利用には弊社ウェブサービスへのご登録が必要となります。 

 

以下の場合は別途 Manifest Correction Letter をご提出頂く必要がございます。

 

24 時間ルール (出港前船積み情報登録制度) 適用対象の船積みにおいて

既にマニフェストデータを送信済みの場合 (Doc Cut 後の訂正) 

 

恐れ入りますが、本項目下部にございます Manifest Correction Letter に必要事項をご記入の上

以下の 宛先・件名 にてご送付頂きますようお願い申し上げます。

 

宛先 :  [email protected]

件名 : Manifest Correction + B/L Number 

 

<対象国・地域>

米国・カナダ・欧州・メキシコ : Manifest Correction Letter へご記入願います。

中国 : Manifest Correction Letter (Only for China) へご記入願います。

 

 

Invoice, Seawaybill は 弊社 web service, Hapag Lloyd Navigator よりダウンロード可能となっております。

B/L Draft につきましては 弊社 web service BL Draft Approval にてご確認可能となっております。 

 

ご利用ご検討の程、よろしくお願い申し上げます。

 

* ご利用には弊社ウェブサービスへのご登録が必要となります。 

 

下記フォームに必要事項をご記入願います。

 

ご入力が完了致しましたら右上にございます 'Send Mail' ボタンを押すとメールソフトが開きます。

件名に B/L Number もしくは Booking Number を記入の上、送信頂きますようお願い致します。

 

* Adobe Acrobat 等の pdf viewer ソフトウエア にてご利用願います。

   ブラウザの Viewer 機能にてご覧頂いた場合'Send Mail' 機能が作動しない場合がございます。

  一旦ファイルを保存し、pdf viewer ソフトウエア にて ファイルを開くと送信可能となります。

 

 上記方法でも 'Send Mail' 機能が作動しない場合、恐れ入りますが作成されたファイルを添付し

    [email protected] まで送信頂きますようお願い致します。

 

 

下記ご案内文をご参照の上、   [email protected] 宛にご連絡頂きますようお願い申し上げます。

誠に恐れ入りますが、件名は以下の形式にてご連絡をお願い致します。

 

  • 【Original BL発行予約】Booking No.  もしくは 【Original BL発行予約】B/L No. 

 

弊社ではお客様のご要望に速やかにご対応差し上げるよう、メールの自動仕分け機能を導入しております。件名を上記形式にてご連絡頂くとお手続きを円滑に進めることが可能となります。

 何卒、ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。 

 

下記にございますご案内文中の メールの宛先はすべて  [email protected] に変更となっております。誠に恐れ入りますが、ご連絡の際は  [email protected] までお願い致します 

 

弊社のホームページからもShipping Instructionをお送りいただけます。

https://www.hapag-lloyd.com/en/online-business/documentation/shipping-instructions/shipping-instruction-online.html

 

* ご利用には弊社ウェブサービスへのご登録が必要となります。 

BL面上記載するShipped On Board dateとは当該本船の出港日を意味します。

実際の本船出港日以外のDateをShipped On Board dateとしてB/L面上に記載することはできません。もし出港日より前に当該コンテナの、当該本船への積載が確認できた場合は、その日をShipped On Board dateとして記載できます。または、Received BLでの対応が可能です。これは船会社による貨物の引き受け及び所持を確認するもので、予定本船への積み込みは完了しておりません。

弊社ウェッブサイトFleet / Vesselsをご参照ください。

弊社運航本船及びチャーター船に関する情報がご覧いただけます。

サート発行につきましては [email protected] にお問い合わせください。

弊社のOnline Business から検索いただけます。こちらをクリックRate of Exchange 。弊社からお送りいたしました請求書(Invoice)に記載されております。もし、弊社ウェッブサイトのユーザーIDとパスワードをお持ちでしたら、“My Shipment / ROE” から検索いただけます。

Prepaid (輸出)は積み港出港予定日の7日前です。Collect(輸入)は揚げ港入港予定日の7日前です。換算レート設定のハパッグ ロイドルールはこちらをクリックhere

弊社ウェッブサイト “Security Information” をご参照ください。

お客様への請求書を正確かつ迅速に作成させて頂きます為、Hapag-Lloyd Japanの標準的な「freight prepaid」および「freight collect」の定義を以下に説明いたします。
これらの定義に基づき、料金はPrepaid払いまたはCollect払いでご請求させていただきます。
この定義から外れる場合は、Shipping Instruction(ACL情報等)に明記していただく必要がございますので予めご了承ください。

(1)北米向け
Freight Prepaid
=CY-CY 及び DOOR=
Port Charge Origin         => Prepaid 払い
Sea Freight + Additionals  = > Prepaid 払い
Port Charge Destination    = > Prepaid 払い

Freight Collect
Port Charge Origin        => Prepaid 払い
Sea Freight + Additionals = > Collect 払い
Port Charge Destination   = > Collect 払い

(2)北米向け以外

Freight Prepaid
=CY-CY の場合 =
Port Charge Origin       = > Prepaid 払い
Sea Freight + Additionals = > Prepaid 払い
Port Charge Destination   = > Collect 払い

=CY–DOOR の場合=
Port Charge Origin       = > Prepaid 払い
Sea Freight + Additionals = > Prepaid 払い
Port Charge Destination   = > Prepaid 払い

Freight Collect
Port Charge Origin       => Prepaid 払い
Sea Freight + Additionals => Collect 払い
Port Charge Destination   => Collect 払い

**Freight All Prepaid 、Freight All
Collect及び各種費用 にて別途お支払い条件設定をご希望の場合にはShipping
Instruction(ACL情報の記事欄等)に明記をお願いします。

** 北米以外の場合、各国の規定に従う場合がございます(例:Freight Collect不可,特定の揚げ地費用等)

** S/I上に事前指定が無い場合の変更に関しましては、請求書訂正費用が別途発生致します。

上記についてご不明な点がございましたら、ハパックロイドジャパン・カスタマーサービスまでお問い合わせください。


輸入船積みについてのご質問

下記リンクの申請用紙にご記入の上、メール( [email protected])にてご依頼ください。

下記リンクよりお手続きお取り願います。

輸入マニフェスト訂正依頼

 

下記リンクよりお手続きお取り願います。

個別搬入申請フォーム 

※申請期限は本船入港の2営業日前17:00までとなります。(状況によりお受けできない場合がございます。)

恐れ入りますが、メール( [email protected])にてお問い合わせ願います。

恐れ入りますが、メール( [email protected])にてご連絡頂きますようお願い申し上げます。

 

  • 件名は【D/O Less 依頼】+ B/L 番号 の形にてお願い致します

    B/L 番号が記載しきれない場合はメール本文へご記載願います。

 

弊社ではお客様のご要望に速やかにご対応差し上げるよう、メールの自動仕分け機能を導入しております。

上記条件にてご依頼頂くとお手続きを円滑に進めることが可能となります。エクセル表等の添付ファイル内に B/L 番号が記載されている場合、お手続きに時間を要する場合がございます。

何卒、ご理解、ご協力の程お願い申し上げます。 

以下のページにてトレースが可能です。 

** ごく稀にではございますが、Web Page でご検索頂いた際に、途中積み替え地以降の 動静の表示がなされない事象が報告されております。改善に努めておりますが、同様の問題が生じた場合は Navigator もしくは Get Info にてご確認頂きますようお願い申し上げます。 

弊社ウェッブサイトの Online Business / Tariff / Detention and Demurrage をご参照ください。

EIR (Equipment Interchange Receipt) にご返却先の記載がございます。

恐れ入りますが、上記書類にてご確認頂きますようお願い申し上げます。

現在のところ、弊社ウェブサイト経由での対応を致しておりません。

恐れ入りますが、メール ( [email protected])にてお問い合わせください。

弊社ウェブサイトのOnline Business / Tariff / Local Surcharges をご参照ください。

 

弊社ウェブサイトへログイン願います

 

ページ左側メニュ 'Import' もしくは 'Documentation' より 'Customs Status' をお選びください

 

下記のいずれかの方法により対象の船積みをお選びください

 

方法1 

'My customs information' の 'Import view' をお選びの上 'Find' ボタンを押下ください

表示されているリストより対象の船積みをお選びください

(Customs systems = JAPAN NACCS と表示されているものからお選びください) 

 

方法2 

'Advanced Search' ボタンを押下し、B/L 番号をご入力ください

'Customs system' は 'JAPAN NACCS' をお選びください (省略可) 

'Find' ボタンを押下ください

 

対象の船積みを選択後、'Customs Details' ボタンを押下ください

 

SPD 通知が出されている場合、右から2つ目の項目 'Customs Code' 欄に SPD と表示されます

その他のご質問

弊社ホームページより各国事務所の詳細がご覧になれます。こちらをクリックOffices

  • 弊社では, Booking, Shipping instruction, schedule deviation/vessel departure notifiation等の各種レポートをe-businessからお使いいただけます。
    弊社ウェッブサイト e-Business solutionsをご参照ください。
  • EDI, Online Business, INTTRA, その他様々な e-mail及びmobile solutionを提供致しております。
  • 詳しくは最寄りのハパックロイド事務所にお問い合わせください。

弊社 website のOverview VGMをご参照ください。また、弊社へのVGMご提出につきましてはwebsite 内のWebVGM もしくは VGM excel template にてお受けいたしております。詳しくはユーザーガイドライン Customer User Guide をご参照くだい。また、INTTRA, GT Nexus, Cargo Smart, Easi Pass 等既存ポータルからのVGM送信にも対応いたしております。

アメリカ国内において特定貨物に対しての重量制限はありませんが、貨物重量、梱包材重量、コンテナの全中身、シャーシ・トラック重量を含む Gross Vehicle Weightの名称で制限があります。さらに重量分散に関する制限があり、貨物重量は制限内であってもそれぞれの地方・州・連邦法において過積載となることがあることから、船会社にとりましては当該貨物のアメリカ内陸向けが輸送可能かどうかを確定することが困難になることがあります。詳しくはこちらをクリック here

Back to Top